FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト街・寺社・城巡り  »  京の冬の旅・2013 その3「妙心寺・東海庵」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妙心寺の塔頭である東海庵の庭園も12年ぶりの公開ということなので、拝観することにしました。

■東海庵■
「妙心寺の塔頭寺院の中でも由緒ある妙心寺四派の一つ「東海派」の本庵で、趣の異なる美しい三つの庭で知られる。書院西庭「東海一連(とうかいいちれん)の庭」(史跡名勝)は、不老不死の仙人が住むという三島を表した枯山水庭園。書院南庭は、七坪の空間に一直線に並ぶ七個の石と、波紋を描くような白砂が印象的である。また方丈南には、一木一草もない一面の白砂の「白露地(はくろじ)の庭」が広がる。書院には、狩野派の絵師が手がけたと伝わる障壁画が残る」(公式サイトより)

001_20130217141228.jpg  002_20130217141228.jpg
左が山門。右が庫裏。ここで受付をして入ります。

003_20130217141229.jpg  004_20130217141229.jpg
左:庫裏の内部に井戸が。これはこれで趣があってよし(^.^)
右:方丈南にある、一木一草もない一面の白砂の「白露地(はくろじ)の庭」。なんというシンプルイズベスト(^.^)

005_20130217141230.jpg  006_20130217142714.jpg
左:方丈内部。廊下を渡って書院へ出ます。
右:書院南庭(坪庭)。七坪の空間に一直線に並ぶ七個の石と、波紋を描くような白砂が印象的です。

007_20130217142715.jpg  008_20130217142715.jpg
書院西庭「東海一連(とうかいいちれん)の庭」(史跡名勝)。不老不死の仙人が住むという三島を表した枯山水庭園で、1814年(文化11)に江戸時代末期の有髪の僧、東睦和尚が作庭したそうです。

010_20130217142716.jpg  011_20130217143508.jpg
左:同じく書院西庭「東海一連(とうかいいちれん)の庭」
右:庭の建物の墨瓦。鬼瓦ではなく、これは麒麟?


通常は非公開の庭ですので、この機会に見ることができてよかったです。もうちょっと、庭を眺めながらまったり過ごしたかったですねぇ。

もう一回行こうかな?(^.^)

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Comment form
プロフィール

しょうちゃん

Author:しょうちゃん
訳あって神戸から大阪に引っ越しました。
模型から寺社仏閣に城etc・・・趣味のひろーい男でござる。
見かけたらお気軽に声をかけてください(^^ゞ

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。